1155871
Tonyu BBS
[再読み込み] [ホームページ] [使いかた] [ワード検索] [管理用]

おなまえ

Eメール
題  名  
コメント(http(s)://などのURLが含まれていると投稿できないことがあります)
添付プログラム
※プログラムに関する質問は、そのプログラムを添付して送ると対応が早くできます
添付方法...
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色
無題 投稿者 : tt(160.190.250.210.hikari.fibernet.jp)
- 2010/12/08(Wed) 16:58 No.12792
 


敵が壁を折り返すプログラムを作っているのですがどうしても敵は壁を通り抜けてしまいます。後ブロックの端を敵が折り返すプログラムをぜひ教えてください。よろしくお願いします。添付方法がよく分からなかったのでそのまま載せます。
↓は敵のプログラムです。

extends SpriteChar;

p=$pat_GL0+0;
vx=-1;
anim=newAnimation(); // AnimationAdapterを作成
vx=-1;
while(1){
  anim.pause();
  x+=vx; // 進行方向へ進む
  anim.swing($pat_GL0+2,$pat_GL0+3,10); // 敵の2つのパターンを往復するアニメーション
if ($map.getAt(x+8,y)==$pat_block+9 || $map.getAt(x-8,y)==$pat_block+9) {

  vx=-vx; // 進行方向を反転する
    

if (f==0) f=1; else f=0;

}
update();
}


Re: 無題 投稿者 : ロンド(fl1-118-108-98-154.iba.mesh.ad.jp)
- 2010/12/08(Wed) 23:45 No.12793
 
  vx=-vx; // 進行方向を反転する

↑これが原因です。ぱっと見分かりませんが、「vx」じゃなくて「  vx」になってます(全角スペースが2つある)
TonyuSystemは全角文字も変数として見なしてしまうため、変数「  vx」に値を代入していたわけです。
全角スペースを半角にすれば直ります。

参考までに、下のプログラムは1000が出力されます。

   hoge = 1000;
    hoge = 999;
    print( hoge);


Re: 無題 投稿者 : tt(160.190.250.210.hikari.fibernet.jp)
- 2010/12/09(Thu) 13:36 No.12794
 
無事解決しました。ありがとうございます。

作ったオブジェクトを左右に走らせる 投稿者 : tt(160.190.250.210.hikari.fibernet.jp)
- 2010/11/14(Sun) 19:57 No.12782
 


初めまして。最近tonyuシステムを使っています。

これ以上簡単に書けないゲーム制作講座で作ったオブジェクトを左右に歩かせるプログラムまでは作れたのですが、キーを二回押して左右に走らせるプログラムが分らないので教えてください。



Re: 作ったオブジェクトを左右に走らせる 投稿者 : ロンド(fl1-118-108-98-154.iba.mesh.ad.jp)
- 2010/11/21(Sun) 10:54 No.12783
 
はじめまして。サンプルを作ってみました。

extends DxChar;

defX = 1;       // 通常速度
dashX = 3;      // ダッシュ時の速度
dashTimer = 16; // ダッシュ判定の長さ
riTimer = 0;    // 右移動用タイマー
leTimer = 0;    // 左移動用タイマー

while(1) {
  
  // 移動処理
  if (getkey(39) > 0) x += vx;
  if (getkey(37) > 0) x -= vx; 
  
  if (getkey(39) == 1) {
    // 右ダッシュ判定  
    if(riTimer > 0) { 
      vx = dashX;            // riTimerが0より大きければダッシュ      
    } else {
      vx = defX;             // riTimerが0なら通常移動
      riTimer = dashTimer;   // ダッシュ判定用タイマーを設定
    }
  }
  
  if (getkey(37) == 1) {
    // 左ダッシュ判定  
    if(leTimer > 0) {
      vx = dashX;            // leTimerが0より大きければダッシュ      
    } else {
      vx = defX;             // leTimerが0なら通常移動
      leTimer = dashTimer;   // ダッシュ判定用タイマーを設定
    }
  }
  
  // タイマー減算
  if(riTimer > 0 ) riTimer--;
  if(leTimer > 0 ) leTimer--;
  
  print(leTimer + "|" + riTimer);
  
  update();
}

ちょっと分かりにくいと思いますが、
方向キーを押した時点でタイマーが0より大きければダッシュするようにしてます。

プログラムを全部コピペすれば動作するので、print()で出力される値を見ながら動作を見てみてください。


Re: 作ったオブジェクトを左右に走らせる 投稿者 : tt(160.190.250.210.hikari.fibernet.jp)
- 2010/11/28(Sun) 21:04 No.12785
 
問題なく動きはしたんですが、今度は歩く時と走る時のアニメーションを入れても上手くアニメーションが出ません。どうやったら上手くアニメーションが出せるか教えてください。たびたび質問してしまいどうもすみません。


Re: 作ったオブジェクトを左右に走らせる 投稿者 : ロンド(fl1-118-108-98-154.iba.mesh.ad.jp)
- 2010/12/05(Sun) 15:09 No.12790
 
返信が遅れました。すみません。
すでに解決されてるかも知れませんが、静止・歩行・ダッシュを入れてみました。

以前のサンプルプログラムに以下の差分を追加してください。



riTimer = 0;    // 右移動用タイマー
leTimer = 0;    // 左移動用タイマー

//===== ↓追加する部分 =====
anime = newAnimation();
defAnime = 3;   // アニメーション 最初のグラフィック
endAnime = 7;   // アニメーション 最後のグラフィック

while(1) {
  
  // 停止      
  if(getkey(39) == 0 && getkey(37) == 0) {
    p = defAnime;
    anime.pause();
  // 歩行    
  } else if(vx == defX) {
    anime.loop(defAnime,endAnime,20);
  // ダッシュ    
  } else {
    anime.loop(defAnime,endAnime,5);
  }
//===== ↑ここまで =====

  // 移動処理
  if (getkey(39) > 0) x += vx;
  if (getkey(37) > 0) x -= vx; 




defAnimeとendAnimeは $pat_hoge+0 などに書き換えてください。


Re: 作ったオブジェクトを左右に走らせる 投稿者 : tt(160.190.250.210.hikari.fibernet.jp)
- 2010/12/07(Tue) 19:23 No.12791
 
返信ありがとうございます。一応自己解決しました。わざわざプログラムを作ってくださりありがとうございました。

releaseAllした瞬間 投稿者 : ぐりーんげーむ。(p4217-ipbf3809hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp)
- 2010/11/28(Sun) 21:18 No.12786
 


Download:12786.zip 12786.zip TimeStop後、releaseAllを使った1フレームだけ
TimeStopperを呼んだオブジェクト以外の動作が止まるようです。

これは仕様でしょうか。
draw系で描写していた背景が一瞬消えるので困っています。
(添付ファイルは別の簡単な実験物です。)


Re: releaseAllした瞬間 投稿者 : ぐりーんげーむ。(p4217-ipbf3809hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp)
- 2010/11/28(Sun) 21:26 No.12787
 
t.releaseAll();
を、
for (i in $chars) t.release(i);
とすることで解決しましたw

小数の取り扱いについて 投稿者 : 瀬加井 勇(pl1198.nas926.p-yamaguchi.nttpc.ne.jp)
- 2010/10/30(Sat) 13:23 No.12776
 


 いつもお世話になっております。<(_ _)>
 さて、早速ですが、小数の取り扱いについて、質問させてください。

a=0.5;
print(a);

の場合は、コンソールに0.5と正しく表示されるのですが、

a=0.2;
print(a);

の場合は、コンソールに0.200000002980232と表示されてしまいます。

 調べてみますと、0.5、0.25、0.125など1を2・4・8等で割り切れる小数を代入した場合はこの問題が発生しないのですが、0.3や0.1を代入した場合は問題が発生します。

 過去の書き込みにも同様の現象に関するものがありますが、これはどうしても解消できない現象なのでしょうか。
 もし解消できれば、trunc()関数等を不要に使用しなくてもよくなりますので、システム全体の改善につながるものと思います。
 特に困っているわけではありませんが、少々気になりましたので、質問させていただきました。

 どうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>


Re: 小数の取り扱いについて 投稿者 : みけCAT(i118-19-117-87.s04.a012.ap.plala.or.jp)
- 2010/10/30(Sat) 21:08 No.12778
 
これはTonyuSystemに限らず、浮動小数点数を使う全てのプログラムで発生することです。
解決するには数を文字列として保持し、文字列同士を演算するのがいいと思います。
一応参考URL
ttp://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~yamada/programming/float.html


Re: 小数の取り扱いについて 投稿者 : みけCAT(i118-19-117-87.s04.a012.ap.plala.or.jp)
- 2010/10/30(Sat) 21:10 No.12779
 
すいません。上のURLはあまり参考になりませんでした。

背景に星を描く 投稿者 : HIATUS(kd125028149152.ppp-bb.dion.ne.jp)
- 2010/10/12(Tue) 00:10 No.12769
 


Download:12769.lzh 12769.lzh ただいま全方位シューティングゲームを作ってます
助けてほしいのは背景についてです

イメージとしてあるのが

・背景は星とライン(?)の2種類を描く
・星はひとつひとつスクロールする速さが違う

というものですが、星が突然出現したり
動作が重かったりします

どなたか返信おねがいしますm(_ _)m

□添付ファイルの操作 

方向キー⇒移動


Re: 背景に星を描く 投稿者 : Percentage(softbank219014238038.bbtec.net)
- 2010/10/13(Wed) 19:55 No.12770
 
改名しました。旧Triangle Ld.

星の数を数える所で、for(xx in $chars)を使うよりも、
星の数変数をグローバル変数にし、星を作るたびにカウントアップしていくとすこし軽くなります。

Example:詳しい部分は省略してます。
///- 星.tonyu -///
(前処理とかextends)
$星の数++;//(メインループの前ならどこでもいいです)
(以下略)

///- 背景.tonyu -///
(前処理 or extends)
$星の数 = 0;//(メインループの前ならどこでもいいです)
(メインループ以下略)

また、星が突然出現するのは、おそらくrnd()が原因でしょう。
私だったら以下のように作ります。
@rnd(2)を使って、-1か1を求める。これを二回行い、それぞれを縦出現方向、横出現方向とする。
A画面の中心から、
・x方向は($screenWidth / 2) * x_appear + $viewX;
・y方向は($screenHeight / 2) * y_appear + $viewY;
を出現位置とする。

もっといい方法があるかもしれないです。
x_appearは横出現方向です。


Re: 背景に星を描く 投稿者 : Percentage(softbank219014238038.bbtec.net)
- 2010/10/13(Wed) 21:13 No.12771
 
追記:連レス失礼
  $星の数 = 0;//(メインループの前ならどこでもいいです)
の部分は、星をappearする前において下さい。


Re: 背景に星を描く 投稿者 : ロンド(fl1-118-108-98-154.iba.mesh.ad.jp)
- 2010/10/14(Thu) 13:05 No.12773
 
すでにレスがありますが私なりに思ったことを。

>星が突然出現する
星を出現させるappear()の座標指定が間違ってます。
背景オブジェクトの63、64行目のappear()を見直してください($pat_image+2を出現させている部分)
一旦この2行をコメントアウトすると、星が突然出現する現象がなくなると思います。

あと、rnd()*$screenHeight という書き方があまり一般的ではないので、 rnd($screenHeight) に直したほうが見やすいし、intの0〜$screenHeightになるので良いと思います(前者はfloatの0〜$screenHeightになる)
$viewY+rnd()*$screenHeight → $viewY+rnd($screenHeight)

さらに、下キーを押しているときには下からのみ星を出現、
上キーを押しているときは上からのみ星を出現させるようにすると、出現した直後に消滅する等の無駄な処理も消えます。

>動作が重い
(1)画面外に無駄な星があります。
星オブジェクトの while(dist(x-$自機.x, y-$自機.y)<400) を while(!screenOut()) に変えてください。
画面外の星はサテライトウィンドウで確認できます(メニューバー→ウィンドウ→サテライト)

(2)星の数が多いです。
星のMAX数が100以上なので、30くらいに減らしてください。
画面外の星がなくなるので30でも大丈夫だと思います。


Re: 背景に星を描く 投稿者 : HIATUS(kd125028149152.ppp-bb.dion.ne.jp)
- 2010/10/17(Sun) 02:33 No.12774
 
>一旦この2行をコメントアウトすると、星が突然出現する現象がなくなると思います。
すみません、気付きませんでした^^;

なんとか形にすることができました
お2人とも返信ありがとうございますm(_ _)m

.
[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393] [394] [395] [396] [397] [398] [399] [400] [401] [402] [403] [404] [405] [406] [407] [408] [409] [410] [411] [412] [413] [414] [415] [416] [417] [418] [419] [420] [421] [422] [423] [424] [425] [426] [427] [428] [429] [430] [431] [432] [433] [434] [435] [436] [437] [438] [439] [440] [441] [442] [443] [444] [445] [446] [447] [448] [449] [450] [451] [452] [453] [454] [455] [456] [457] [458] [459] [460] [461] [462] [463] [464] [465] [466] [467] [468] [469] [470] [471] [472] [473] [474] [475] [476] [477] [478] [479] [480] [481] [482] [483] [484] [485] [486] [487] [488] [489] [490] [491] [492] [493] [494] [495] [496] [497] [498] [499] [500] [501] [502] [503] [504] [505] [506] [507] [508] [509] [510] [511] [512] [513] [514] [515] [516] [517] [518] [519] [520] [521] [522] [523] [524] [525] [526] [527] [528] [529] [530] [531] [532] [533] [534] [535] [536] [537] [538] [539] [540] [541] [542] [543] [544] [545] [546] [547] [548] [549] [550] [551] [552] [553] [554] [555] [556] [557] [558] [559] [560] [561] [562] [563] [564] [565] [566] [567] [568] [569] [570]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- Joyful Note -